犬や猫の骨折・外傷

運動系の異常

外傷・骨折とは

交通事故や、高いところから飛び降りたり、小型犬などでは、大型犬にかまれた、などの外傷で骨折するケースは大変多いです。
診断は、レントゲン検査やCT−Scanなどで行います。基本的に動物では、人のようにギブスでの管理が難しいため、手術で固定する事などが一般的です。但し、外傷の場合は往々にして肺や心臓なども損傷を受けている事も多い為、受傷後72時間は安静と急変がないかモニターし、それまではギブスで固定しておいて、その後手術を行なう事も多くあります。
退院後は、ご自宅でのケアーと、安静・食事療法をして頂き、1ヶ月おきに病院でレントゲン検診を行い、上手く治癒しているか診ていきます。そして、一般的には3ヶ月から6ヶ月程度で完治します。

突刺性外傷とは

鋭利 な刃物などで起こります。
奥深くまで進入してしまうと、出血も多くなり、また、筋肉なども切れてしまいます。予測できない状況になるため、手術でその部分を十分探査する必要があります。もしそのような状況になったら、出血を止める為にタオルなどで心臓の近い部位を圧迫してすぐ病院にお連れ下さい。

咬傷とは

犬同士や猫同士、時には違う種間での喧嘩で起こります。どの種類でも犬歯は長く、細い為、かなり深くまで、実際皮膚の傷口以上に穿孔している事が多いのです。また、大きい犬などが小さい動物を噛んで、振りまわしたりすると、更に深く穿孔し胸腔内や、腹腔内臓器にまで達する事や筋肉や腱の大きな断裂がおこる事がたびたびあります。また、首などは気管、食道、神経まで達すると、命に関わる事もあります。散歩中にリードを使用していなかったり、他の動物に襲われたり、動物が外出・脱走してしまってその間に起こる事が多いのですが、厄介なのが、同居している仲間で起こる場合です。その場合は、行動学的な観点から治療が必要になってきます。往々にして、優位性などの順位に伴う争いが多いようですので、その治療も行います。又、傷の治療は、その外傷部分の探査とドレーンという排泄管を留置して膿が貯まら無いようにする手術を行います。そして5日後にドレーンを抜管して、2週間ほどで抜糸を行います。その間は抗生物質の投薬を行い、傷口の消毒はご自宅でやって頂いております。この外傷を避けるには、散歩中のリード管理や動物を単独で外へ出さずにする事と、同居同士のトラブルには、十分な知識をもって対処しておく事です。

膝蓋骨(パテラ)脱臼

 先天性のものが多く、脱臼の方向によって内方、外方と区別します。発症に関しては、主に大腿骨と下腿骨の配列の異常や、膝蓋骨がはまっている滑車溝が浅いなどの構造上の異常などがおこります。触診、レントゲンなどで診断し、脱臼の度合いは5つのグレードに分かれます。そのグレードにより、手術法が異なります。脛骨を切って位置を変えてあげる方法や、溝を掘って膝蓋骨をはまりやすくする方法などがあります。殆どが関節炎も起こしているため、併せてグルコサミンやコンドロイチンなどの関節用のサプリメントや処方食も併用致します。術後3週間は安静を要しますが、その後は関節を動かす様、屈伸運動などのリハビリが必要です。

股関節脱臼とは

股関節形成不全症は大型犬(特にレトリーバー 系)に大変多い、先天性疾患です。そのまま放っておくと、関節炎が悪化して痛みが非常に強くなり歩行出来なくなります。
初めは、モンローウォークといって お尻を振って歩く様子が見られ、おかしいと気が付き来院される方が多いようです。
治療は、若くて関節炎がない場合は骨盤を切ってプレートを入れ骨頭を正常 な角度にする「三点骨きり術」という手術が行われます。関節炎がある場合は、関節炎のお薬を飲みながら骨頭を切除し、リハビリをしながら周りの筋肉で股関節 を支えていく方法が適応できます。

治療例一覧へ

ページトップ