患者さんの声

皆様からよく寄せられる病院へのご意見やご質問をご紹介します

ご意見・ご質問一覧

ご意見ご質問への回答

夜中や休日でも診察をお願い出来ますか?

ハイ。24時間365日、動物達の治療や看護にあたっています。「センター病院」の診療時間以外は、「救急医療センター」で診療を行いますので、いつでもお越し下さい

24時間完全看護診療ということですが、スタッフは常に診てくれているのですか?

ハイ。24時間365日、獣医師を含めたスタッフが常勤しております。

入院時にいつも使用している毛布やフードなど持ち込んで構いませんか?

いいえ。治療や衛生上の理由でお断りしております。

夜間、定期的な健康診断やワクチン接種、食物や薬の購入が出来ますか?

基本的には、健康診断や予防接種、FOODや薬の購入は日中の時間帯にお願いしております。

初診で何故、検査をたくさんするのでしょうか?

動物はしゃべる事ができません。飼主さんとの問診や触診だけでは、病気の原因がはっきりしません。まずはその異常の原因を突き止め、他に併発している病気がないかも確認しながら、今後の治療方針を決める為に、必要最低限の検査を行います。

治療費が高いのは、何故ですか?もっと安くなりませんか?

まず、人間の医療とは違い、国が保障する健康保険制度が確立されておりませんので、全額自己負担となります。

当病院では、診断精度をあげる為、最新の医療機器を導入し、より的確で早い診断が出来るようになりました。
また、「手術センター」では、新しい医療機器を導入する事によって、手術時間が大幅に短縮され、麻酔や出血などの動物へのリスクを最小限に減らす事が出来るようになりました。
手術に使う糸やメスなどの医療道具も、安全かつ、性能の良いものを使っており、術後の回復の度合いに差が現れます。また、より侵襲性の低い内視鏡を利用する事により、開腹せずに手術を行うことができ、動物にとっての負担がかなり軽減されます。
「救急センター」では、緊急手術室も整備され、スピーディな検査機器も設置されており、緊急患者により万全な体制が整えております。
このようにいつでも最高の治療が行えるよう設備を整え、これらの医療機器のメンテナンスにも力を入れております。
常に病院内を清潔に保つ為、衛生管理に関わる専属のスタッフが常勤しており、手術に使う道具の滅菌作業から、病院周りの清掃に至るまで丁寧に行っております。

薬に関しては、あらゆる症例を扱っておりますので、薬といえども、駆虫薬や抗生物質等、多種多様な薬を取り揃えなくてはなりません。
当病院では、安全で効能の確かな薬を使用しています。

多くのスタッフが最新の獣医学を勉強するため、各種セミナーや勉強会に参加したりして、常に最先端の知識を会得できるような機会を設けております。

医療とはマンパワーであり、より良いケアをするためにはたくさんの人手がかかり、人件費もかかります。

このように、「アニマルメディカルセンター」は最新の先進医療をモットーとし、今後も先進医療を提供するための、料金設定をしております。

現在加入している保険を使いたいのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

加入している保険会社の指定の提出書類等をご用意の上、ご来院下さい。必要事項を記入いたします。

車がありません。病院へ通うのに何か良い方法がありませんか?

「動物救急車」と提携を致しておりますので、どうぞそちらをご利用下さい。

「動物救急車」連絡先・・・・0120-595-119
URL: http: //j-119.com

待合室に沢山人がいて、待ち時間が長いようですが、緊急の場合は先に診てもらえるのでしょうか?

受付は、待ち時間や順番には十分配慮しておりますが、緊急性の高い症状の動物が運ばれてきた場合には、先に診察をさせていただいております。又、予め予約をして頂い車がありません。病院へ通うのにている患者さんにも優先的に診療致しております。 しかし、充分な配慮が出来ない場合のために、病院のフロアには「ソーシャルワーカー(患者相談員)」がおりますので、何かお気づきの事があればぜひソーシャルワーカーにお尋ね下さい。

※平日(木)(金)の昼頃は、比較的余裕がありますので、ご予約が取り易いと思われますので、ぜひこの日をご利用下さい。

駐車場が混んでいます。一人で車で来た場合に困るのですが・・・?

パーキングには10台の駐車が可能です。満車の場合には一旦降りられて、受付へお声をお掛け下さい。 空き次第、順次ご案内いたします。

診療の際に動物を一旦預かるシステムは何故ですか?

診療の際に動物を一旦預かるシステムは、「今うちの子に何をしているんだろう?」と思うことがある。動物を落ち着かせて診る必要があったり、逆に飼い主が見たくないという場合もあるだろうが多くの飼い主は離れ離れになってしまって不安を感じるのでは?


当センターは、誰もがおかしうるミスを防ぐため、「チーム医療」 を診療体系として行っております。そこで一人のスタッフだけでなく、多くのスタッフが診ることにより、結果として病気をより適確に診断し、より良い治療を施す為に一旦お預かりし、飼主様と動物の為に努力を致しております。 ただ、「別離不安」などが強くある患者さんは、前もってスタッフにご相談下さい。なるべく飼主様とご一緒にいていただくように配慮致しております。

毎回診るスタッフが変わるので、一度話した内容をまた伝えなければならないことがある。それがちょっと「また言わなきゃいけないのか・・」と感じるのですが・・・?

当院は個々の患者さんに対して、全スタッフが「チーム医療」 として対応致しております。 その為、細かな情報もその都度確認しながら診療することになっております。
しかし、飼主さんの主訴を繰り返しお尋ねするのは、病院として未熟の結果であると思います。私達は「チーム医療」に取り組んでまだ数年しか経っておらず、このような未熟さの為、ご迷惑をかける事となったのだと思います。
しかし、「チーム医療」は診療ミスを防ぐのに、もっとも有効な手段です。 医療ミスは社会問題の一つとなっている事に対して、当院も予防対策として米国の動物病院などが行っている、「フラット医療」「チーム医療」を導入致しております。 一頭の動物を、各専門的な立場や違う立場のスタッフ全員が、チェックをし、看てあげる事が当然起こりうる人間のミスを、多くの人々のチェックによって防ぐことができます。ミスを起こさない事は、医療の世界では特に大切な事である為、この制度を導入いたしております。

  ― 予約時及び来院時に、スタッフを指名して頂くことも可能です。 ―

退院時は時間がかかりますか?又、何か持参した方が良いですか?

退院時は、カテーター等の医療具を装着したまま自宅治療となる場合もあります。説明にお時間を頂きますので、退院時は時間のゆとりを持ってお迎えにいらして下さい。 又、大き目のキャリーケージを持参して頂いた方がよい場合がありますが、退院時は「動物救急車」をご利用になるともっと安全に安心できますのでおすすめします。

ページトップ