胃内異物

トップ治療例一覧異物摂取治療例

小腸内異物(種)

アニカちゃん 犬 トイプードル  7歳 ♀避妊済

朝、食事を摂った後から嘔吐が始まりました。わりとよく空嘔吐をする事があるのですが、今回は、いつもと様子が違っていた為、近所のかかりつけ病院を受診した所、「胃の具合が悪いのでしょう」と点滴治療を受け、薬を処方されました。しかし、午後になっても嘔吐は止まらず、食欲がまったくなくなり、水も飲まなくなり、薬も受け付けませんでした。

「このままではどんどん具合が悪くなる!」と夜間診てもらえる「東京動物夜間病院」を受診する事にしました。普段から車で病院の前をよく通っていましたので、何か緊急時はここへ来ようと思っていました。

病院に到着するとすぐに検査が始まり、その結果、異物が詰まっている可能性が高い事が判明した為、急きょ「動物手術センター」へ搬送しました。

実は、他の病院で乳腺腫瘍の手術をしたばかりだったのですが、開腹を避ける為に、初めは内視鏡検査を受け、必要となれば、その後手術を受けることにしました。

結果は異物である事が判明した為、開腹手術となりました。お腹の中から出てきたのは、梅干しのような古い種でした。それもかなり時間が経っているような種でした。

無事に退院し、自宅で流動食を作って与えましたが、カラーに慣れていないせいか、お皿からだと食べにくそうだったので、手から舐めさせてあげるとうまくいきました。ピルポケットという薬用おやつで、投薬は問題ありませんでした。その後は、どんどん回復していき、今では、昔の元気な生活を送っています。

すべてはとても迅速な検査・治療を受ける事ができて感謝しています。夜中過ぎに連れて行き、その早朝には手術が終わったのですから、びっくりです。スタッフの方々からコンタクトもしっかり取ってくれたので、とても心強かったです。

教訓として、「空嘔吐は簡単に考えてはいけないんだ!」という事がよく解りました。普段から空嘔吐していたのは、きっと異物がお腹の中にあったからだと思います。 今後気をつけます。

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ