胃内異物

トップ治療例一覧異物摂取治療例

消化管内異物

ビッタちゃん 犬 MIX  6歳 ♂去勢済

甘え方がいつもと違うのでどうもおかしいと思いました。いつもに比べて少し元気がなく、もうその時点でアニマルメディカルセンターで診てもらおうと考え、いつもお世話になっている「センター病院」を受診しました。

これといった症状があった訳ではなかったのですが、念のためにと検査を受けた所、異物を摂取している事が判明し、すぐに手術をしてもらう事にしました。もう、手術でしたら、こちらの「動物手術センター」に任せれば大丈夫!と普段から思っておりました。

手術後、本人には精神的にダメージが大きかったようで、退院直後は食欲がまったく出ず、翌日再度「センター病院」にかかり、点滴治療を受けた所、元気が回復し、それからはグッと調子も上がっていきました。

ビッタには少し重いブルーのカラーを透明なものにチェンジしてもらうと、さらにコンディションがよくなり、それからはどんどん回復していきました。

「何か、いつもとは違うな・・・!」と思った事が、異物摂取の早期発見につながりました。 これからもビッタの様子には注意を払っていこうと思っています。

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ