胃内異物

トップ治療例一覧異物摂取治療例

異物による腸閉塞

ココちゃん フェレット  3歳 ♂去勢済み

何度か吐き続けました。2年前もトイレの砂を食べて嘔吐し、「東京動物夜間病院」にお世話になった事がありましたが、その時は、便からも砂が排泄されていたので、「今回も同じかな?」と軽く考えていました。そしてその日はそのまま朝、仕事へ出かけ、帰ってみるとココの食欲と元気がなくなっていて、夜には白眼をむいてきました。これはマズイ!と思い、再び「東京動物夜間病院」に連れて行きました。

すぐに検査をしてもらい、その結果、腸に異物が詰まっている事が判明(自分にも判りました)。すぐに「動物手術センター」に搬送してもらい、手術を受ける 事が出来ました

手術で出てきたのは、ゴムの塊のような何やらわからない物質でした。

術後、先生から「もう少し手当てが遅れていたら、腸が破裂していたかもしれない」と 言われ、危なかったかもしれないと思うとゾッとしております。

退院後、投薬にはちょっと苦労し、はちみつと混ぜて行ないましたしましたが、ペッと出してしまったり、カラーに便が付いてしまい、拭いてあげたりと、ケアは大変でしたが、食事に関しては、レンジで食事を温めると、臭いが出てくるので、食欲は出てきたようでちゃんと食べるようになり、どんどん回復していきま した。

今はすっかりと良くなり、元気で動き回っています。

診察から手術まですぐに対応してもらえたので、とても感謝しております。

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ