胃内異物

トップ治療例一覧異物摂取治療例

小腸内異物(おもちゃのかけら・・・)

クゥちゃん 猫 スコティッシュフォールド  3歳 ♂

 

4〜5日くらい前から嘔吐をしていましたが、止まる事もあったので様子を見ていました。その後、嘔吐に血が混じっていたので、翌日かかりつけ病院で診てもらいました。その結果は「毛球症」との事で、その治療を受けていましたが、それから1週間経っても良くならず、衰弱していくばかりなので、前に記憶しておいたアニマルメディカルセンターをインターネットで調べ、急きょ「動物救急医療センター」を受診することにしました。

「救急センター」にて詳細な検査をしてもらった所、小腸内に異物がある可能性が高く、それが原因ではないかとの事でした。夜中に受診したのですが、すぐにコンディションの安定化を図ってもらい、その朝方には「動物手術センター」にて異物を取り除いてもらう手術を受ける事ができました。

どうなることかととても心配しましたが、何とか命を救ってもらいたい一心でした。 手術は無事に終わり、腸の中から出てきたものは、何かのおもちゃの欠片みたいなものでした。

手術後は嘔吐はぴたりと止まり、術後の顔つきも手術する前と比べて、とても良くなっていましたので、安心しました。

もともと食欲は旺盛でしたが、術後も食欲が落ちることなく、ちゃんと食べてくれました。薬も口を開けて喉の奥に落としてあげるとうまく飲み込んでくれたので安心できました。ただ、今回、嘔吐していた期間が長く、脱水状態が長く続いたので腎機能に影響が出てしまい、「センター病院」にて治療を続ける事になりました。今では少しずつ腎臓の機能も良くなってきています。

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ