胃内異物

トップ治療例一覧異物摂取治療例

胃内異物(竹串)

ダイちゃん   犬 ミニチュアピンシャー 1歳8カ月 ♂

家族の月命日の日に起こった出来事でした。当日は来客用にオードブルを用意していたのですが、ちょうどダイの届くような所に置いてしまいました。とても忙しく、ちょっと私たちが席をはずしている間に、肉つきの串を口に入れている所を発見。バリッバリッと変な音がするので、これは大変とすぐに取ろうとしたのですが、「ウー・・・!」と唸るので、 誰も手を出せず、とうとう飲み込んでしまいました。飲み込んだ後、あちこちに行かないように先ずはサークルに入れたのですが、ずっと立ちっぱなしの状態で、座ろうとしませんでした。

その日はかかりつけ病院はお休みで、友人の紹介を受け、すぐにアニマルメディカルセンターの「動物救急医療センター」へ駆け込みました。

迅速な検査の後、すぐに「動物手術センター」に て緊急手術が行われ、手術は無事終了しました。 取り出してもらった串は、L字型になっておりました。消化管などに刺さっていなくて良かったです。

術後、当日に退院となりましたが、お迎えに行くと、「どうして私だけ皆と離れた所に置いていったの?」という顔をしており、それがとてもショックだったよ うでした。

退院後は、投薬はうまくいき、食欲も特に落ちることがありませんでしたが、痛みどめのシールを剥ごうとするので、カラーはもちろんしていましたが、さらに 前開きの洋服を着せて対処しました。落ち着くまで、散歩に行かれなかったので、ちょっと欲求不満だったのかもしれません。普段はきちんとトイレができてい るのに、絨毯にしたり、私たち家族の気を引こうとしたのかもしれません。(もちろん今は大丈夫ですが・・・)

実は、以前も肉を包んだラップを食べてしまった経歴があります。その時は大事には至りませんでしたが、また、同じようなことが起こらないように今後はもっ と十分注意をしていかなくてはなりませんね。

ダイは亡くなった娘と同じだと考えておりますので、これからも大事に育てていきます。

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ