胃内異物

トップ治療例一覧異物摂取治療例

消化管内異物(針)

ダンキチちゃん 犬 ミニチュアダックス  6歳 ♂去勢済

縫い物をしている時に、針で指を刺してしまい、ティッシュで血をふき、ティッシュと針をテーブルに置き、ちょっとその場を離れた後に戻ってみると、そのティッシュの一部が無く、床でバラバラになっておりました。

「針が・・・無い!」刺しておいたはずの針が見当たりませんでした。

「針を飲み込んでしまったかもしれない!」と思いました。本人は嘔吐や下痢などの症状はまったくありませんでしたが、針が内臓に刺さると大変だと思い、日曜日でも診療してくれる病院をインターネットで探し、「センター病院」にかかりました。

すぐにレントゲンを撮ってもらい、確認すると、やはり針がレントゲンにばっちり写っておりました。もちろんすぐに「動物手術センター」にて摘出してもらう事にしました。

手術は無事終了しました。

術後、排泄がうまく出来ず、尿をたらたら、便もきばって苦しそうでした。消化管内の針の為なのか、「出血のせいで、「黒い便」をしばらくしますよ」と先生に言われておが、実際に黒い便が出てきました。投薬はスムーズに行えましたし、食欲もあったので、日々、順調に回復していきました。

犬の嗅覚はすごいものですね! これからは、いたずらされないように気をつけて行きたいと思っています。

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ