胃内異物

トップ治療例一覧異物摂取治療例

小腸内異物

ゴボウちゃん 犬 MIX  2歳 ♂去勢済

嘔吐が5回以上頻繁に続き、お腹をひきずるような格好をとるので、「これはおかしい」と思い、夜中でしたので、「東京動物夜間病院」へ連れて行きました。以前もプラスチックを飲み込んで嘔吐した事があったので、又何か食べてしまったのではないかという思いはありました。

検査の結果、やはり異物の存在があり、そのまま「動物手術センター」へ搬送してもらい、手術を受ける事にしました。 手術で出てきたのは、ペットボトルキャップに髪の毛が絡まったものでした。

手術後は嘔吐も止まり、傷の違和感はあったようでしたが、お腹を引きずる仕草はしなくなりました。 食欲もあり、処方食もすぐに食べてくれました。普段はドライフードを食べているので、今回ウェットフードは口の周りが汚れてしまうのが苦労と言えば苦労だったかと思います。薬は教えてもらった通り、ピルポケットを利用し、うまくいきました。

今ではすっかりと回復し、元の元気なごぼうに戻りました。

※「ごぼう」という名は、食べ物ではなく、飼い主さんの出身地の地名から取ったものです。

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ