胃内異物

トップ治療例一覧異物摂取治療例

胃内異物・前立腺肥大

グミちゃん  犬 ミニチュアダックス 2歳 ♂去勢済

グミは、2 日続けて吐いておりました。以前もたまに吐く事はありましたが、だいたい1回で終わる事が殆どだったので、「これはおかしいな?」と思いました。 家族がインターネットで調べてくれて「東京 動物夜間病院」が夜でも診療していることを教えてくれ、タクシーを利用して受診しました。

すぐに検査が行われ、レントゲンで何か胃の中に異物の影が映っており、それがとても大きいので手術で摘出した方が良いとのお話で、このまま異物が腸に移動 してしまう と、腸閉塞を起こすかもしれないので、全てを先生にお任せし、「動物手術センター」へ搬送してもらいました。

胃の中から出てきたの物体は、それが何かはわかりませんが、心当たりがなかったので、おそらく散歩の時に口にしたものだったのか もしれません。

手術後は、ピタリと嘔吐は無くなりました。手術が終わり、その日のうちに退院できました。

自宅での治療は、スタッフの指導どおりに行なったため、とてもスムーズに行う事が出来ました。特に食欲が落ちる事も無く、カラーもさほどストレスではなかったようです。こちらもカラーを付けてくれている方が安心でしたから、良かったです。 傷はとてもきれいに治りました。 「おかしいな?・・・この症状は・・・?」と思って早めに受診して良かったです。腸までいって、詰まったら命に関わる事もありますからね!胃を切っただけで済んで良かったと思っています。

この時に前立腺の問題も見つけてもらい、同時に去勢もしてもらいました。こちらも一緒に治療できて良かったと思っております。

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ