胃内異物

トップ治療例一覧異物摂取治療例

小腸内異物(ネズミのおもちゃ)

カナちゃん 猫 MIX  1歳 ♂去勢済

嘔吐が5回くらい続き、「何か大きな病気では?」と思い、このまま明日まで何もしないでいると脱水症状がでてくるのではないかと心配になり、夜間でしたので、インターネットで調べた「動物救急医療センター」へかかる事にしました。

すぐに検査をして頂き、結果、異物摂取の疑いがあるとわかり、「動物手術センター」にて手術をお願いする事にしました。

先ずは、点滴をして脱水症状の改善後、手術が開始され、出てきたものはネズミのおもちゃでした。

手術は無事に終わり、お迎えに行くと、ケージの外へ出たくて鳴いていましたので、安心致しました。

術後、嘔吐はピタッとなくなり、食事もカラーが付いている間は、手から食べさせるとちゃんと食べてくれたので、数日で元に戻り、カラーにも慣れていきました。

治療中はスタッフの方々からも電話を頂いたりしてアドバイスを受ける事が出来て、とても心強かったです。

今後は、おもちゃの管理には気を付けようと思います。(今回もかじってこわして食べてしまいそうなので、引出しにしまっておいたのに、それを引っ張り出してきて、食べてしまいました。)

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ