胃内異物

トップ治療例一覧異物摂取治療例

胃内異物(リボン)

マグロちゃん  猫 スコティッシュホールド  1歳半 ♂去勢済み

包装紙についていたリボンの先にシールが付いていて、それで遊んでいた際に、シールが口に貼り付いてしまったらしく、そのままリボンごと飲み込んでしまったようでした。

包装紙を見た時には、シールもリボンもありませんでした。これにはびっくりしました。「リボンごと飲み込んでしまったんだ!これは大変!」こちらもすぐにどうして良いのかわからず、とにかく近所の動物病院へ2軒電話で問い合わせました。

1軒目では、すぐに塩を飲ませて吐かせるように指示された為、そのようにしたのですが、吐かない為、不安になったので、別の病院へ電話を入れました。すると、そこでは「そんなことしちゃダメ!夜でもやっている病院できちんと診察を受け、ちゃんと取り出してもらった方が良い」と「東京動物夜間病院」を紹介してくれたので、すぐに連れて行きました。

緊急でしたが、しっかりと検査をしてもらい、「動物手術センター」へ搬送し、緊急手術にてリボンを取り出してもらいました。夜なのにすぐに対応してもらえ、本当に助かりました。

退院後は、時間ごとに投薬と流動食を与えました。小さなシリンジで流動食を与えましたが、最初は食欲があったのですが、カラーがとても気になるようで、食欲が落ちてきた為、スタッフの方に相談をし、ソフトなカラーに変えていただいた所、食欲が戻り、食事を摂ることができるようになりました。

現在は、いつもと変わらず、元気な毎日を送っています。

※追記ですが、「マグロ」という名前にしたのは、小さい頃からマグロ缶が大好きだったからです。先にいた同居の猫は、拾った時にガリガリだったので、「ひもの」という名前を付けたので、それにちなんだ名前にしようかという事で、「マグロ」と名付けました。

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ