胃内異物

トップ治療例一覧異物摂取治療例

食道内異物(ボタン・石)

モジョちゃん  犬 トイプードル  8ヶ月 ♂去勢済

夜中にモジョと遊んでいたら、食べ物を与えた訳ではないのに、「カリッ!カリッ!」という音がしたので、「何か口にして食べたな!」とすぐ感じました。

周りを調べてみると、側に置いてあった洋服のボタンが1個無い事に気が付きました。すぐに「東京動物夜間病院」へ駆け込み、レントゲン検査などを受けた結果、案の定、胃の中に何か異物が入っていたので、きちっと手術を受け、摘出する事が一番安全であることが判り、お願いする事にしました。

すぐに「動物手術センター」へ搬送され、緊急手術を受けました。すると中から出てきたのは、なんと7個もの黒い石でした。道路工事の側をよく散歩していたのでその石だと思います。ボタン自体は腸まで流れてしまい、今回は無事に便で出ましたが、その便の中にも黒い石が入ってい ました。きっと散歩中に「クンクン」しているうちに、口に入れてしまったのだと思います。

今考えると、以前からゲボゲボと吐く事が度々ありましたが、そんなに気にする事ではないと思ってしまっていました。(インターネットの口コミなどを読む と、「犬は吐くものである」とか、「何か食べてしまったら、塩を食べさせて吐かせましょう」などとか無責任な事が書いてあったりもしたので、「本当にそんなことして良 いの?」とは思いつつ、そんなに深刻に考えなくても良いものだと勝手に思っていたのです。)

今の世の中、色々な情報が氾濫し、まちがった情報もたくさん出回っており、何が正しいのか判断がつきません。子犬を飼うのは初めての事ですし、今回の事で 何かあったら動物病院の先生に診てもらうのが一番だという事を痛感しました。

まだモジョは子犬なので、しつけに関してもこれからは家族全員で色々と学んで行こうと思います。

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ