胃内異物

トップ治療例一覧異物摂取治療例

異物摂取(とうもろこしの芯)

麦ちゃん 犬 ノーフォークテリア 3 歳 ♀

今まで飼っていた犬達は、上手に芯を残してトウモロコシを食べていたので、まさか芯まで食べてしまうとは全く思っておりませんでした。

麦にも同様にトウモロコシをそのまま与えた時、ふと目を離した隙に、丸ごとなくなっている事に気が付きました。ですが、「食物繊維だから食べたとしても大丈夫 だろう」と勝手に思っておりました。しかし翌日、空嘔吐し始めたので、インターネットで調べてみると、それはとても危険な事であり、腸に詰まると腸閉塞となり、とても危ない状態になってしまうなどが解り、かかりつけ病院はもう閉院の時間帯でしたので、「動物救急医療センター」で診てもらう事にしました。

迅速な検査が行われ、腸に詰まっている事が判明し、「動物手術センター」にて直ちに手術を行ない、取り出してもらうことになりました。 手術は無事に終了しました。

自宅に戻った当初はなかなかカラーに慣れず、座ったままウトウトし、クッションを支えにして頭を乗せて寝ていました。しかし、なかなか横になれないような ので、洋 服を作って着せることにし、ハードカラーからソフトカラーに変更してあげましたら、楽になったようです。 排泄もなかなかせず、しばらくは回数も少なかったのですが、嘔吐はピタッと止まり、食事は流動食が必要な為、ドライフードを粉にしてストックしておきまし た。毎 回、水を入れて、すりこぎですりました。これで流動食が完成です! ミキサーを使うとベタベタして、毎回洗うのが大変だと思い、この方法を思いつきました。

「動物救急車」の利用も大変助かりました。 タクシーだとちょっと怖いし、運転手さんによって遠回りになったり、嫌な顔されることもあるので・・・!

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ