胃内異物

トップ治療例一覧異物摂取治療例

食道内異物(スルメイカ)

ポンズちゃん 犬 チワワ  1 歳4ヶ月 ♀

いつもは嘔吐しても1回くらいなのに、この時は 一晩中、嘔吐がありました。 吐く前までは食欲もあり、いたって普段と変わりなかったのですが、最後は泡状の吐物となり、その後元気もなくなり、グッタリとしてきました。

夜中でしたが、かなり心配でしたので、以前かかった事のある「動物救急医療センター」へ連れて行きました。

直ちに検査が行われ、その結果、食道あたりに結構大きな異物の陰影が確認され、それが気管を押して呼吸にも影響しそうである事が判明し、直ちに「動物手術センター」にて手術をお願いし、異物を取ってもらうことにしました。

心当たりなど全くありませんでしたが、手術で取り出してもらったものを見せてもらった所、我が家ではおやつは与えていないのですが、おそらく散歩コース途中の河川敷に落ちていたと思われる人間のお酒のおつまみ(イカ?)らしきものが摘出されました。

術後、食事のケアがちょっと大変でしたが、流動食をあげ、早く治るよう私も頑張りました。 傷口を舐めるのを防ぐ為に、カラーを最初のうちは付けていましたが、洋服タイプのプロテクターを着せた為に大変助かりました。

今回、最初、そんなにひどい状態だとは思わず、ただいつもより吐き方が変だな?と思ったくらいでした。まさか手術する事になるなんて・・・!

その後、内視鏡で食道炎の後遺症が残っていない事を確認してもらい、すっかりと良くなっている事がわかり、ほっと致しました。

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ