胃内異物

トップ治療例一覧異物摂取治療例

食道内異物(八つ頭)

プーちゃん   犬 ヨークシャテリア  8歳 ♂去勢済

長い休みが続いた時の事でした。久しぶりに家族が集まったため、楽しい食事の用意をしていた時、八つ頭のはじっこを落としてしまい、一つは見つかりましたが、もうひとつが見つかりません でした。「おかしいな?」と思っていると、そのうちにシャリシャリという音が聞こえてきました。

その時は何かプラスティックをかじってしまったのかと思い、「出しなさい!」と言った途端、取られると思ったのか、そのまま飲み込んでしまいました。

かかりつけ病院へ行きましたが、もう夕方で診療が終わりの為、救急病院へ行くように言われましたが、勧められた救急病院が開院するまで、ちょっと時間があ りました。そのうちに苦しそうになり、震えが出てきたので、これは早くしなくては大変な事になると思い、家族にインターネットでアニマルメディカルセンターの「動物救急医療センター」を見つけ、すぐに連れて行く事に決めました。

すぐに対応してもらいました。迅速に全身検査と内視鏡検査で食道内異物があることがわかり、最終的には手術で食道に詰まっていたものを取り出してもらう事になりました。 摘出したのは、八つ頭でした。ちょうど、プーの食道の太さにスッポリと詰まっていました。

術後は、詰まったものが取れ、すっきりとしたのか、顔つきがとても良くなりました。 カラーの生活は不自由そうでしたが、まもなく慣れてくれました。投薬方法は工夫したり、食事も流動食にして指で食べさせたり、経過は記録帳にも付けて、食 事の管理 やケアを家族皆で行ないました。 ちょっと大変でしたが、家族全員の協力で、プーの体調はすっかり良くなりました。

「動物救急医療センター」は長いお休みや夜でもやっていてくれ、本当に助かりました。

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ