胃内異物

トップ治療例一覧異物摂取治療例

胃内異物(哺乳瓶の口先)

そらちゃん 猫 雑種 1ヶ 月 ♀

哺乳瓶でミルクを与えていた時のことでした。そのまま哺乳瓶の口先を噛み切って飲んでしまったのです。特に具合の悪いという事はなかったのですが、「これ は大変!」と「動物救急医療センター」へすぐに連れて行きました。

迅速に検査が行われ、その結果、「動物手術セン ター」にて取ってもらうことに決めました。しかし、まだ500g位の小さな仔猫ですので、手術は心配でしたが、哺乳瓶の口先が腸に詰まってしまう事の方がもっと心配でしたので、手術をお願いしました。

無事に手術が終わり、その後の経過も良く、翌日には退院する事ができました。本人もとても帰りたがっていたようでしたので、すぐの退院はソラにとって、精 神的に良かったのではないかと思っています。

退院後の食事は流動食で、一度に多く食べさせる事が出来ない為、小分けして与えたのですが、本人が食べたくて食べたくて、それをなだめるのが大変な位でした。

食欲もあり、排便もいつもと変わらなかった為、経過は本当に順調でした。

しばらくカラーをしていましたが、そろそろ良いかとはずしたら、自分で抜糸してしまい、また、診てもらったところ、運よく傷口の状態は良好で、綺麗に治り まし た。手術を受けて良かったです。

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ