胃内異物

トップ治療例一覧異物摂取治療例

胃・小腸内異物(鶏の骨・ストッキング)

シャノンちゃん  犬 ミニチュアシュナウザー  7歳 ♀避妊済

家族がフライドチキンを食べ終わった後の骨をゴミ箱へ捨てたのですが、それを食べていました。最初は全然気がつかなかったのですが、夜になって嘔吐があり、翌 朝散歩をさせても、いつと違い調子が悪そうだった為、かかりつけ病院にかかりました。すると、レントゲンに骨がたくさん写っており、すぐにアニマルメ ディ カルセンターを紹介してもらいました。

詳細な検査の結果、たくさんの骨とは別になにかひも状のものが入っている事もわかりました。すぐに「動物手術センター」にて胃と小腸内の異物を摘出する手 術をお願いすることにしました。

手術は初めての経験で、「どうなるんだろう」と、とても心配でしたが、無事に手術は終了。骨の他に腸内から出てきたのは、ストッキングでした。

退院直後は、多少元気がありませんでしたが、食欲が落ちる事はなく、薬も上手に飲んでくれた為、4〜5日位経つと元気になってきました。 カラーも最初は戸惑っていたようでしたが、すぐに慣れ、自分の体の一部のように動き回っています。

シャノンは普段から食べる事にはどん欲で、色々と室内でも対策はとっていたのですが、今後もさらに気を付けなければならないと思っています。(先生から も、またやるかもしれないと注意されました!・・・)

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ