胃内異物

トップ治療例一覧異物摂取治療例

胃内異物(缶のプルタブ)

タオちゃん 犬 ビーグル  4ヶ 月 ♂

ワンカップのふたをキッチンから持ってきてかじっておりました。まさか食べないだろうと思っていましたが、心配になり、取り上げてみると、プルタブの部分がなくなっており、どこを探しても見つかりませんでした。

翌日、便が出なくなり、「これはまずいのでは?」と思い、「動物救急医療センター」を受診しました。

嘔吐はなかったのですが、検査の結果、プルタブは消化管の中にある事が判明し、手術はしたくなかったのですが、タオの事を考え、手術をお願いし、「動物手術センター」で取り出してもらう事となりました。

普段から家でトイレをしないので、帰宅後に安心できる場所で、大量の尿をしました。カラーをあちこちぶつけてしまい、大変でしたが、薬はそのままポリポリ食べてくれたので助かりました。

今回の件で、キッチンに柵を設けました。なんでも興味を示すので、私達が気を付けなければと思っています。

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ