異物摂取

top症例治療例のご紹介異物摂取異物摂取とは

ケース137

金属摂取によるアレルギー

ココアちゃん 9ヶ月 犬 チワワ ♀

夕方、抱っこをしていたら、瞼がライン状に赤くなっていることに気が付きました。痒みも出て短時間で一気に腫れあがり、最初は虫さされかと思って顔の変化をずっと観察していましたが、その腫れがどんどんひどくなり、二重、三重の腫れとなってしまった為、 これは尋常ではないと思い、「動物救急医療センター」へ連れて行き検査を受けました。

検査の結果、異物摂取していることが判明し、「動物手術センター」にて手術を受ける事にしました。

手術してお腹の中から出てきたのはかばんに付けるバックチャームの金具でした。

手術で金属を排出したので、退院の時には手術前よりも顔の腫れがほとんどなくなっていました。

自宅のケアでは、食事の管理が大変でした。ココアは食欲が落ちることが無く、食べたくて食べたくて・・・しかし、胃の手術を行っている為、一度にたくさんあげることができないことが辛い事でした。

ココアは頭が良い子なので、普段からサークルのフックなどを「これがあるので出られない」と理解しており、かじってしまう為困っていました。

今回の出来事は、たまたまサークルに入れずに部屋に放しておいた日に起きました。私たちにとっては大変ショックな出来事でしたが、今後はかじられないように周囲に注意を払っていくつもりです。

異物摂取の詳細はこちら
































ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ