異物摂取

top症例治療例のご紹介異物摂取異物摂取とは

ケース134

胃切開(ズボンの紐)

ラブちゃん 8ヶ月 犬 トイプードル ♀避妊済

人間のパジャマの紐(麻でできているもの)で遊ぶのが好きで、まさか飲みこんでしまうなど、考えてもいませんでした。

ところが、遊んでいるうちにプツッと途中で紐が切れてしまい、あるはずの部分がなくなっており、これは絶対飲み込んだに違いない!と確信しました。

紐を飲み込んだ場合のことをインターネットで調べたら、腸にひっかかったりしたら一大事という事がわかり、すぐに対処しなければと思いました。しかしもうすでに夜でかかりつけ病院は閉院しており、仕事でよく通る場所に「動物救急医療センター」がある事がわかり、受診する事にしました。

すぐに詳細な検査を受け、「動物手術センター」にて手術で取り出してもらう事にしました。体も小さく、その分、腸も小さいので、腸閉塞を起こしてしまったら大変だと判っておりましたので、緊急に手術してもらいました。すぐに対応してもらえて助かりました。

術後、3日間は排便がありませんでしたが、4日目にはちゃんと出るようになりました。排便がない事は心配しましたが、はじめにスタッフからは術後はそのような事もあると聞いておりました。もともと覚えていたトイレを失敗した事もありましたが、食事もきちんと食べてくれましたし、回復は順調だったと思います。

スピーディに対応してもらい、感謝しています。

異物摂取の詳細はこちら
































ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ