胃内異物

トップ治療例一覧異物摂取治療例

胃〜小腸内線状異物

ナナちゃん 犬 ポメラニアン  7 歳 ♀

バスマットをかじっていたのですが、よくみると、ほつれてきた糸状のものがたくさん無くなっておりました。今まで、ほとんど食事以外のものを食べてしまう ことはなかったのですが、今回、発作的に食べてしまったのだと思います。

嘔吐が始まり、吐物に紐が混じっている事に気が付き、急いでアニマルメディカルセンターの「動物救急医療センター」へ駆けつけました。「これは、きっと手術で取り出さなければならないだろうな〜!」と思 いながら、詳しく検査を受けたところ、やはり緊急に手術をしなければならない状態である事が判明し、全てをお任せして「動物手術センター」にて手術を受ける事にしました。

受診した時、もうすでに食べたと思われる時刻から12時間位経っておりました。後で写真も見せてもらいましたが、開腹してみると、胃だけではなく、腸にまで紐が渡っており、あと少し処置が遅かったら、大変な事になっている所でした。

退院当日は吠えたりする事も無く、静かにしていてくれましたが、少し時間が経つと、お気に入りのソファに飛び乗ろうとするので、傷が開かないかと冷や冷や しました。

投薬や食事は嫌がらずにちゃんと摂ってくれたので、順調に回復していきました。

今回思いもかけないものを食べてしまい、家族みんなこれからも注意をしなければと思っています。

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ