胃内異物

トップ治療例一覧異物摂取治療例

食道内異物→胃内異物(リンゴ)

ポムちゃん 犬 ウェスティ 3歳 ♀避妊済

吐こうとしても吐けずに、白い泡を出していました。 いつも草の様なものを吐いたりすることがあるので、少し様子をみていましたが、いつもよりも激しく続いてポムもとても苦しそうだったため、かかりつけ病院に連絡を入れ、休診日ではありましたが、診察をしてもらい、レントゲン検査、バリウム造影検査を受けました。その結果、胃の入口に何か詰まっている事が判明しましたが、休診日で、スタッフがいない為手術は不可能との事で、アニマルメディカルセンターを紹介してもらいすぐに「センター病院」にかかりました。

センターで再度検査を受けた結果、異物は食道から胃に移動しており、このまま腸に入ってしまうと閉塞を起こす恐れがあり、危険な為、「動物手術センター」で胃の中の異物を取り出してもらう事にしました。手術で麻酔をかけるので、同時に避妊手術と歯の治療も一緒にやってもらいました。

手術で出てきたのは、リンゴのかたまりでした。普段は小さくスライスして与えていましたが、たまたま子供が落としたものを食べてしまったのだと思います。誰もそれに気が付きませんでした。 ポムも普段食べているものなので、食べたのだと思います。 チョコやネギは注意する知識がありましたので、家族中で食べるときは注意を払っていましたが、リンゴが食道に詰まるなんて思ってもいませんでした。

先生から、「もう人間の食べ物は与えないように」と指導を受けました。 これからは、与える食事やおやつには気をつけて行こうと思います。

今回発見が早く、スピーディに治療を受けられました。命が助かって本当に良かったと思っています。

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ