胃内異物

トップ治療例一覧異物摂取治療例

消化管内異物(リンゴ)

レオちゃん 犬 シュナウザー 2 歳 ♂ 去勢済

夜10時半頃にリンゴを食べた直後から苦しみ出し、白い泡を吹き空嘔吐が始まり、呼吸困難を伴なう苦しみが始まりました。見ているこちらがパニックに陥るくらい大変な状況でした。

いつものかかりつけ病院はちょうどお休みで、とにかく病院へ連れて行かなくてはと思い、夜間でも診療してくれるアニマルメディカルセンターの「動物救急医 療センター」へ駆け込みました。

速やかに対応してもらい、検査の結果は異物摂取との事で「動 物手術センター」にて手術をお願いしました。詰まっていたものはやはりリンゴでした。

手術直後は元気がなく、しょんぼりしていたため、面会の時の反応をみて、退院を決めることにしました。しかし、反応が良く、当日無事に退院することができ ました。

翌日から流動食が始まり、毛が長い為毛先に流動食がくっついてしまうので、口の周りをまめにケアしました。薬を飲まないので、すり鉢ですって好物のものに 混ぜて飲ませたりと工夫がいりました。

レオは食べた後、布の所へ行き、口を自分でごしごし拭くくらいきれい好きなので、いつも口はきれいにしてあげまし た。 ぬいぐるみの鼻をかみ、中のスポンジを食べたりするので、今回の事は私達への何かの警告だったのかもと感じています。

生活環境には十分注意していたつもり ですが、一層考える必要がありそうです。

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ