胃内異物

トップ治療例一覧異物摂取治療例

胃内異物(チキンの骨)
膀胱腫瘍・皮下腫瘍・胆のう切除

ラッキーちゃん 犬 ウエスティ 13 歳 ♂去勢済

ひとくち食べた骨付きフライドチキンをテーブルに置いてちょっと側を離れた隙にドアの隙間から入り、そのチキンを食べてしまいました。

部屋へ戻るとチキンを口にくわえたラッキーを発見! 何をやっても離さず、そのうちに取られまいと10cm以上ある骨をそのままゴックン!と飲み込んでしまいました。その直後、オエオエしていましたので「これはマズイ!」と対処法をインターネットで調べ、吐かせようかとも思いましたが、やはり危険だと思い直し、かかりつけ病院へ電話をした所、アニマルメディ カルセンターを紹介してもらいました。すぐに「センター病院」へ連れて行きました。

飲み込んでから病院到着まで1時間もかかっていなかったと思います。チキンを食べていた家族が「自分のせいだ・・・!」と大変ショックを受けておりました。

すぐに検査が行われ、レントゲンにはばっちりと大きな骨が映っており、大きすぎて内視鏡で取り出すのは難しい為、手術で取り出してもらう事にしました。

ちょっと高齢なので、麻酔をする前に全身検査を受けた折、膀胱内や皮下に腫瘍が見つかり、胆のうにも問題があることが判明しました。一度に治療が可能であればやって下さいとお願いしました。

今までも時々、血尿をした事がありましたが、膀胱炎でしょうとのことで、投薬治療を受けていましたが、まさか腫瘍ができていたとは知りませんでした。

膀胱腫瘍の組織検査を受け、結果は良性だったのでほっとしました。

退院後、食事は、もともとすぐに食べる子ではありませんでしたので、お皿に置いておくと、しばらくして食べ始めました。投薬がうまくいかず、好物に混ぜた りして工夫し、飲ませました。

今では、膀胱が半分になった為に頻繁に排尿するようになりましたが、しばらく経過を見て長い目で見て行こうと思っています。

ラッキーは名前の通り、本当にラッキーな子です。たまたま骨を飲み込み、体の他の悪い所が見つかったのですからね!

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ