犬の誤飲…犬の異物摂取

トップ異物摂取 > 145

異物摂取(鶏の骨)

ベルちゃん 犬 トイプードル 5歳 ♀避妊済

ある日の夜、家族が鶏の手羽先を食べていて、ポロっと床に落としてしまいました。いつもベルはテーブルの下で何か落ちてこないか待ち構えているので、食事中は落とさないように気を付けてはいたのですが、あっという間に落ちた手羽先をくわえてしまいました。

すぐに取り上げようとしたら、かえって取られまいとして「ゴクッ」と飲み込んでしまいました。その後、特に嘔吐も無くケロッとしているので、少し様子をみようかと思ったのですが、娘がインターネットで夜でも診療してくれる「動物救急医療センター」をみつけ、「心配だから病院へ連れて行く!」と出かける準備を始めた為、私も病院へ連れて行く事にしました。

センターに着き、すぐにレントゲン検査をしてもらった所、10cm位の骨が位の辺りにすっぽりとはまって入っている事が判明しました。手術して取り出した方が安心なので、「動物手術センター」にて緊急手術を受ける事に決めました。

手術は無事に終了し、当日の退院となりました。

退院のお迎えに行くと、ベルの動きも良く、遠くからでも私達に気付いてくれ、立ちあがって喜んでくれました。

術後、普段ほとんど鳴く事がないのですが、2日位はクーンクーンと小さく鳴く事もありましたが、投薬は投薬用おやつにくるんで上手くいき、粉の薬も水に溶かしてあげると上手に飲んでくれたので、順調に回復していきました。最初カラーがついていていつもと違う様子に、トイレが出来なくなったようでしたが、それもすぐに慣れました。

今回の事で、子どもを心配するのと同じだと改めて思いました。

もう二度とこんな事が起きないように、今後何か食べる時は、ベルには別の部屋で待っていてもらおうと家族間でルールを決め、皆でそれを徹底するつもりです。



















ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ