犬の異物摂取_バックチャームを食べてしまった

トップ異物摂取 > 157

異物摂取



チャーリーちゃん 犬 ミニチュアダックス 11歳 ♀

バックにチャームとして付いているファーをかじっていました。
「いけない!」と思い、取り上げようとしたところ、取られまいと飲み込んでしまいました。毛がモコモコしたものでしたので、本人は何か小さな獲物の様に思っていたんでしょう。

症状は何も出ませんでしたが、吐こうにも、消化しようにも、絶対に喉や腸は通過しない大きさだと思いましたので、「日本動物救急医療センター」を受診しました。

センターでの検査後、すみやかに手術という運びとなり、「動物手術センター」にて手術をしてもらいました。今回一緒に去勢手術もして頂きました。

異物は無事取りだしてもらいました。

術後は傷をなめないように医療用のガーゼウェアを着せてケアしました。どうしても排泄の後、お尻回りに汚れが付着するので、2着あると着まわし出来て良かったなと今になって思いました。

投薬では抗生物質が苦いのか飲むのを嫌がりはしましたが、食事もきちんと食べてくれて順調に回復してくれました。 現在は、元のように元気に暮らしています。




























ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ