犬の誤飲

トップ異物摂取 > 143

異物摂取(配線のコードのようなもの)

しんのすけちゃん 犬 ミニチュアピンシャー 9歳♂去勢済

アレルギーの治療の為、定期的にアニマルメディカルセンターで検診を受けていました。

今回、いつもの検診の数日前に嘔吐があり、やや元気がなかったので、検診日に先生に相談しました。レントゲン検査をした方が良いとの事で、検査を受けると、異物が映っており、それが原因のようでした。針金のような感じで、一体どこで食べたのかまったく見当が付きませんでした。

今までも何度かアニマルメディカルセンターで手術を受けていたので、そのままお任せして「動物手術センター」にて摘出してもらいました。

手術後は特にダメージもなく、食欲もあり、順調に回復して行きました。投薬も今まで続けていましたので、問題ありませんでした。

別の病気の定期検診でも、不安な事や、いつもと様子が違う時には相談する事で、きちんと異常を見つけてもらえましたので、助かりました。早期の手術の対応もありがたいと思います。


































ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ