猫の異物摂取

トップ異物摂取 > 152

異物摂取(手芸用の紐)


紫乃ちゃん スコティッシュホールド 11か月 避妊済

普段から紐状のおもちゃが大好きで、その日も60pはある手芸用の紐を見つけて、遊んでいたのでしょう。口から紐が出ていたところを発見し、1回目はうまく取り上げて別の場所に隠しました。ところが、しばらくするとその紐がなくなっており、分からなくなりました。

怪しいとは思っていたのですが、症状もなかったので、飲み込んでしまったとは確信が持てず様子をみていました

食欲も元気も変わらないし、排泄もいつもと一緒でした。3日目、普段は食欲旺盛な子なのですが、朝から食欲が低下し、4日目には更に悪化、そして嘔吐が始まりました。それで、「あ、これは怪しい」と思い、「センター病院」へ連れてきました。

すぐに内視鏡検査を受け、紐がある事が判明し、それも腸まで行きかけていた為、引っ張る事は危険を伴うとの事で、「動物手術センター」にて直ちに開腹手術をしてもらい、無事に紐を取り出してもらいました。

術後、翌日には退院しましたが、カラーがいろいろなところにぶつかり、本人はストレスがあったようで、家に着くなり取ろうとして暴れて、しばらくカラーと格闘しておりました。食事はスプーンで口元へ持っていくと食べてくれました。投薬はやわらかいサプリメントにくるみ、喉の奥にポトっと落としてあげる感じで飲ませました。たまには出していることもありましたが、再度投薬し頑張って飲ませました。

治療中、食欲が一度低下し、スタッフに連絡し、病院で点滴を受けました。カラーをはずし、洋服を着せる事で傷口をなめない方法に変えると、食欲が戻ってくれました。

キャリーに入れて通院していたので、今ではキャリーをみると家じゅう逃げ回って追っかけっこ状態です・・・(笑)。

無事に抜糸が終わりほっとしましたが、頭がいい子なので、紐を見つけられないように気をつけようと思います。













ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ