犬の異物摂取

トップ異物摂取 > 158

異物摂取



シュテファニーちゃん 犬 ジャックラッセルテリア 7歳 ♀

普段はとても明るい活発な子です。しかし今回は家に帰ると尻尾を下げており、元気があきらかにありませんでした。その場にうずくまってしまい、これはおかしいと思い、「東京動物夜間病院」へ連れて行きました。

すぐに検査して頂いたところ、異物摂取とのことで「動物手術センター」にて手術となりました。中からは紐状のものが出てきました。恐らく子供の靴の紐ではないかと思うのですが、今でもはっきりと何なのかわかりません。

手術を受けるので病院へ預ける時には、不安な表情をしていたので、置いていくのがとても忍びなかったです。けれどもすぐに手術で取り出してもらえましたので本当によかったと思っています。

術後2日目くらいから徐々に元気が出始め、リードを持ってきたりするようになりました。

今回一緒に避妊手術もしてもらいましたが、今後は異物摂取しないように十分注意しなければなりません。

































ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ