犬の異物摂取(ラップ)

トップ異物摂取 > 150

異物摂取(肉のパック用ラップ)

ゼンちゃん 犬 ジャックラッセルテリア 6歳 ♂去勢済

休暇中で千葉の別荘へ遊びに連れて行った時に起こった出来事でした。
夜の23時頃、お肉のパックを包んでいるラップを食べているのを発見し、「あっ」と思い、すぐに取り上げようとしたのですが、タッチの差でそのまま食べてしまいました。

食べた直後は嘔吐などの症状は現れませんでしたが、以前、パンをビニールごと飲み込んで大変な思いをした経験があり、すぐに病院に連れて行こうと思いました。

しかし、休暇先の為、夜でも診療してくれる動物病院がわからなく、都内まで行こうかと思った所、袖ヶ浦に「千葉動物救急医療センター」がる事がわかり、まずはそちらへ連れて行きました。

すぐに診療してもらった結果、やはり異物の摘出手術を受けた方が良いとのことで、自宅が横浜にあること考慮し、川崎の「動物手術センター」での緊急手術の段取りをしてもらい、手術を受けました。

手術は無事に終わりました。

術後は缶づめの処方食をよく食べてくれました。但し、お腹の手術でしたので、1日4回に分けて、水分を多くして与える事が大変ではありましたが、家族皆で協力しあいました。カラーの生活は少しわずらわしいようでしたが、それもすぐに慣れてくれ、ケアの甲斐あって、術後の経過は順調でした。

自宅の場所や通院の事などを配慮してもらい、病院間の連携をうまく取って下さり、無事に手術、退院を迎える事ができました。

現在は、手術痕もキレイなり、コンディションも良く、元気に生活しています。
すぐに対応してもらえて本当に良かったです。
























ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ