胃内異物

トップ治療例一覧異物摂取治療例

胃内異物(竹串)

ジャックちゃん  犬 フレンチブルドッグ 1歳 ♂

テーブルの上に置いてあった串に刺したお菓子をパクっと食べてしまいました。「あっ!」と思ったらもう口からその串が見えており、そのままゴックンと飲み込んでしまいました。

本人は特に痛がる様子もなく、けろっとしていましたが、先のとがった串がささってしまわないかと心配で、とにかく病院へ連れて行こうとインターネットで探 して、夜間診療をしてくれる「東京動物夜間病院」に 駆け込みました。

すぐに「動物手術センター」へ搬送してもらい、手術にて無事に串を摘出してもらいました。串はそのまま出てきました。また幸い内視鏡でどこも傷ついたりはしていない事がわかったので、本当にホッとしました。

手術直後は、静かに大人しくしていましたが、回復と共にいつものジャックに戻ってきました。食事も療法食に切り替えましたが、よく食べてくれましたし、投 薬も問題はありませんでした。ただ、常にカラーを付けていたので、人の足にもガンガンぶつかって大変でした。おかげでカラーが写真のようにガムテープだらけとなってしまいました が・・・・

今後は、テーブルの上のものも油断はできません。気を付けます!

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ