胃内異物

トップ治療例一覧異物摂取治療例

胃内異物

カブちゃん 犬 フレンチブルドッグ  7歳 ♂去勢済

ある日、嘔吐が始まり、ヨダレもすごく出てきて、私たちが見てもとても気持ちが悪そうで、ショボンとしていました。水を飲んでも食事をしても、30分以内 に嘔吐してしまうという状態でした。

以前、犬用のゴム製おもちゃを食べてしまい、腸閉塞を起こして手術をした経験があるのですが、その時の症状とそっくりでした。

かかりつけ病院に連れて行っ たものの、発見が遅れたせいか、その時はすでに腸が一部壊死した状態でした。 今回は、症状に早めに気付いたので、即治療しようと、「東京動物夜間病院」へかかりました。

その結果、やはり異物摂取とのことで、すぐに「動物手術セン ター」へ搬送となり、手術を受けました。

手術で出てきたものは、私たちが見てもそれが何なのか判別できないもので、いったいどこで何を 食べてしまったのかと首をかしげてしまうくらいでした。

カブは性格がかたくなな子なので、術後2日間は全く何も口にしませんでしたが、自宅でのケアを続けた為、気持が落ち着いてきたようで、徐々に食べるように なりました。そして、投薬は始めのうちは大変でした。それでも徐々にコンディションが良くなり、現在では、カラーもとれました。

本当に何でも口に入れて食べてしまうので、それを防ぐのが大変です!

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ