胃内異物

トップ治療例一覧異物摂取治療例

胃内異物

ペコちゃん  犬 ボストンテリア 6ヶ月  ♀

ある日突然肢を挙げ、心配だったので病院へ連れて行きました。もしかしたら洗面台で肢を洗っていた時に、落ちてぶつけてしまったのかとも思いました。

その日は嘔吐があり、アニマルメディカルセンターの「セ ンター病院」で検査を受けました。その結果は、肢に特別問題はありませんでしたが、レントゲンで消化管に異常があり、何かが詰まっている事を指摘され、「動物手術センター」にて手術を受ける事にし ました。

無事に手術は終わり、お腹の中から出てきたのは、ゴム状になっていたクッションマットのようなもので、驚きました。

術後、カラーを付ける事を嫌がるかと心配しましたが、慣れるのが早く、心配する事はありませんでした。投薬に関しても「お薬ちょうだい」の補助食が大活躍 でした。

その後、順調に回復し、今ではすっかりと元の生活を送っています。 まだ子供なので、これからは異物の管理としつけに十分注意して頑張っていかなければと思っています。

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ