乳腺腫瘍

top症例治療例のご紹介乳腺腫瘍治療例乳腺腫瘍とは

乳腺腫瘍(高分化型乳腺癌)

愛里(アイリ)ちゃん 9歳 犬 ヨーキー 1.2kg ♀

よくお腹に湿疹が出来ていました。今回もいつもの湿疹かと思い、しばらく様子をみておりましたが、一向に腫れがひかない為、ちょっと心配になり、かかりつけ病院に行きました。

すると乳腺の腫瘍であることが判明しました。しかし、愛里の体がとても小さく、それに合う手術器具が用意できないため対応ができないとのことで、手術を専門にしている「手術センター」があるアニマルメディカルセンターを紹介してもらいました。

そこで、「動物手術センター」にて手術をお願いすることにしました。 1.2sの小さな体でしたが、無事手術を乗り越えてくれました。

退院後すぐはソファの隅っこのクッションの上でじっとしており、飲まず食わずの状態が少し続いたので、病院で点滴治療を受けました。その為に徐々にコンディションが良くなっていきました。薬はペッと出してしまわないように、好物のおやつに混ぜ込んで、さらにその上からおいしいものにくるんで与えるとうまくいきました。

病理の結果は、一部があまり良くないものでしたが、今後それを踏まえてケアを続けていくつもりです。








































ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ