乳腺腫瘍

top症例治療例のご紹介乳腺腫瘍治療例乳腺腫瘍とは

乳腺腫瘍

ジョーちゃん 犬 ミニチュアダックス ♀ 7歳

1か月程前に発情がありました。おっぱいがよく出る体質で、偽妊娠でも乳頭からお乳が出る事もよくありました。

常に体を触ってチェックをするように心がけていましたので、今回触った感じがいつもと違い、2〜3日前にはなかったしこりに気が付きました。しかし、触っても痛みは無さそうでしたので、「炎症ではなく、もしかしたら腫瘍かも・・・」と思いました。

アニマルメディカルセンターの「センター病院」で詳しく検査してもらったところ、やはり乳腺腫瘍との事で、「動物手術センター」にて手術となりました。同時に避妊手術も行ないました。

術後は、ほぼつきっきりでケアをしました。カラーをしていると、トイレに入れなかったり、水が飲めなかったり、食事も途中で止めてしまうので、スタッフに色々と相談をしながら、なんとか傷口まで隠れる洋服を着せて、カラーを外すなどの対処をしました。おかげで、現在では傷口もきれいに治り、体の調子も良く、元気な生活を送っています。

今回、この手術で避妊もでき、悪いところの治療ができましたので、これからはゆっくりゆっくりと年を取っていく準備ができたように思います。



























ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ