乳腺腫瘍・子宮蓄膿症

top症例治療例のご紹介乳腺腫瘍治療例乳腺腫瘍とは

乳腺腫瘍・子宮蓄膿症

リリちゃ ん 犬 パピヨン ♀避妊済  13歳

もともと少しワガママなところがあって、リリはあまり抱かれたり触られたりする事が嫌いな子でした。

乳腺腫瘍が前々からあることは判っていましたが、どんな様子になっているかよくわかりませんでした。ただ最近、何となくその腫瘍が大きくなっているような感じがして、逆さ鏡に映して見ると、やはり急に形が大きくなってきていました。本人も違和感(痛み) があるの か、触られる事をさらに嫌がりました。

13歳の高齢なので、手術は悩みました。

「できればしたくない!でもするしかない!」先生のことを信じて手術に臨みました。

手術が速やかだったのも良かったのでしょう。手術は無事終了しました。

術後2週間くらいで抜糸できて、順調に回復に向かってきました。

同居の犬も同じように子宮蓄膿症の手術をしたことがありますが、その子は術後のケアが大変でしたが、リリは、術後も食欲もあり、薬もきちんと飲んでくれま した。 老齢でもこんな大きな手術が乗り越えられるんですね! 「やっぱり、腕の良さなんでしょうね」と笑って話しています。


























ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ