乳腺腫瘍

top症例治療例のご紹介乳腺腫瘍治療例乳腺腫瘍とは

乳腺腫瘍

ルルちゃん 犬 ミニチュアダックスフンド 8歳 ♀避妊済

生理の後、1週間位してからトリミングをしてもらい、シャンプーをしてもらったところ、そのお店で乳腺に腫瘍があるのではないかと指摘され、早めに病院での受診を勧められました。

すぐにかかりつけ病院へかかり、診てもらうと、やはり乳腺腫瘍とのことで、切除をした方が良く、手術をするならば、スタッフも多く、設備も整って安心できる という事で「動物手術センター」を紹介されました。

先ずは、「センター病院」を受診し、詳細な検査を受け、家族のスケジュールに合わせて手術をお願いする事になりました。

手術はルルにとっても、私たちにとっても初めての出来ごとでしたから、とても不安でした。

手術が無事終わった時には、本当にホッとしました。

術後しばらくはシュンとしており、生きているのか心配になるくらい大人しくしていました。 カラーも慣れるまで大変でしたが、その後経過も順調で、コンディションも良くなりました。

「動物手術センター」で手術を やってもらって、本当に良かったです。

(余談) 術後は、ずーっと誰かが側に付き添っていたのですが、最後の検診の何日か前に、全員が出かけてしまい、ルルが一人でお留守番をすることになったのですが、 その時、鍵をきちんと閉め忘れてししまった半ドア状態のドアから外に出たらしく、カラーをつけたまま行方不明になってしまいました。

近所の方が、警察に通報してくれて、そこから保健所に預けられていました。すぐに引き取りに行き、無事に自宅に戻りましたが、手術が終わってほっとした所で、大変な大事件でした。























ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ