乳腺腫瘍

top症例治療例のご紹介乳腺腫瘍治療例乳腺腫瘍とは

乳腺腫瘍

ちびちゃん ネコ 15歳

1年ほど前、乳腺に小さなしこりをみつけましたが脂肪の固まりと思って放置していました。

後に水ぶくれのように赤く腫れあがり、病院に行くと「乳腺腫瘍」と診断されました。
手術による切除しか助かる道はありません。

家族で二つの意見に分かれました。お父様は「高齢のちびに手術は可哀想だ。それに、そのまま麻酔から覚めなかったらどうするんだ。」とおっしゃいました。

幼い時からちびちゃんと一緒に過ごしてきた娘さんは、「それでは死ぬのを待つばかりで何もしてあげられない。僅かな可能性でもあるのならやってあげた い。もし、手術中に死んでも、やってあげられたと納得できる」と、“手術”という選択をしました。

いつものように念入りな術前検査をし、麻酔の量、時間とも正確に割り出し手術は行われました。3日後退院しましたが、不安定な体調が1週間ほど続き、点滴を受ける通院は娘さんにとっても、ちびちゃんにとっても辛い日々でした。

それからのちに、ちびちゃんは娘さんに連れられて検診に来ました。最後の検診です。

すっかり元気になったちび ちゃんはケージから出て伸びをしました。「前より若返ったみたいです……。」と嬉しそうにおっしゃいました。


























ページトップ

動物の治療例

アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ