椎間板ヘルニア 犬・ミニチュアダックス

トップ治療例一覧椎間板ヘルニア治療例

頚椎ヘルニア

ビート君  犬 ビーグル ♂ 去勢済  11歳

6歳ぐらいの頃から、1年に1回動けなくなることがありました。

近所のかかりつけ病院で注射してもらうと、翌日には動けるようにはなっていたので、そんなことを何年か繰り返していたんです。

今年も夏に、散歩の途中で動けなくなりました。でもいつものように注射をしてもらっても、改善して来ず、1週間くらいでまた動けない悪い状態に陥りました。

毎回注射を打ち続ける事では完治はしないことに気が付き ました。30分〜1時間も散歩に行けていたビートなのに動けないのはかわいそうで辛かったです。

家族がネットで「アニマルメディカルセンター」の無料相談をきっかけに、病院へ連れて行きました。

検査の結果、頚椎のヘルニアのが判明!翌日に手術を受けました。

手術前は、先を思うと不安でお先真っ暗で、笑って今を迎えられるとは思っていませんでしたけど、手術に踏み切って本当に良かったです!!!

退院後すぐに自分で立ち上がり、2日目には自分で歩いて食事を食べに行けました。 1週間で普通に歩けるように! 元気がなく動けなかった時の様子を知っている方も、 “なんて元気になったの!!そんなことがあったなんて!!” とビックリでした。

お父さんが好きなビートルズから名前をとったビートは、家族の中で一番上のお兄ちゃんです。

お兄ちゃんの為に家族皆が協力し、ソファには昇れないように工夫したり、階段の昇り降りは抱っこをしてあげたり、頚椎に負担のかからないようにし、これか らもずっと笑って毎日が過ごせるよう、生活環境に気を配っています。

犬の椎間板ヘルニア治療

アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ