椎間板ヘルニア(犬・ミニチュアダック)(
椎間板ヘルニア症例86

椎間板ヘルニア

チョコちゃん ミニチュアダックス 2歳♀

ある日、急にバタンと大きな音がして、今まで聞いた事のないような声を出してチョコが倒れてしまいました。何かにぶつかったり、落ちたりした訳ではなく、本当に突然の出来事でした。

家族が「動物救急医療センター」を知っており、すぐに連絡を入れた所、すぐに連れてきた方が良いとの事で、直ちに病院へ向かいました。私達の知識としてはミニチュアダックスには椎間板ヘルニアが多いことは知っていましたが、まさかうちのチョコがそうなるとは思ってもみませんでした。

少しの期間、内科的療法で治療をしてもらいましたが、後肢はブラブラ状態のまま
で改善が見られないので、先生から「椎間板ヘルニア手術」を勧められました。
詳しく説明をしてもらい、心配はありましたが、全てをお任せして「動物手術センター」にて手術をお願いしました。

術後、排泄の感覚を取り戻すまでは、まるで赤ちゃんのお世話をしているように1時間から2時間置きにケアを行いました。大変でしたが、チョコの為に頑張りました。

手術が終わってしばらくは前肢のみではいずって動くことしかできなく、本当に治るのかと不安な時期もありましたが、検診時に「ちゃんと治る為に手術したんだから、もう少し頑張ってみましょう」との先生の言葉に、力づけられました。

日中は一匹でケージの中で家族の帰りを待つ為、私達が帰ると喜んで迎えてくれました。後に徐々に後肢に力が入ってくるようになりました。

現在は、生活する分にはきちんと四肢で歩く事が出来ています。
飛んだり跳ねたりをする事までは無理ですが、今後再発のないように注意していくつもりです。
先生の言葉通り見事に治りました!本当に手術を受けて良かったです。







ページトップ

ミニチュアダックスフントの椎間板ヘルニア

アニマルメディカルセンター


フェイスブックページ