椎間板ヘルニア 犬・ミニチュアダックス

トップ治療例一覧椎間板ヘルニア治療例

急性劇症型椎間板ヘルニア

ファンタちゃん   犬  ミニチュアダックス ♂去勢済  9歳

今まで何一つ病気をしたことがなかったファンタちゃん。家族が家に帰ってきたら、玄関で立てなくなっていました。その日の朝は、普通にお散歩にも行けたのに・・・。

急性劇症型の椎間板ヘルニア。 ファンタちゃんの後肢は、痛みも感じる事が出来なくなっていました。 当院に来院時、最悪なレベルに達していました。

検査後の説明を受けて、突然の事に飼い主さんはは泣きながら家に帰ったとか。

病気の説明は十分理解できても、ふぁんたちゃんの9歳という年齢が不安だったそうです。 積極的に手術よりも、レーザー治療なども家族で調べて検討したそうですが、少しでも望みがあるならと、手術に踏み切りました。

術後は10日くらいは排泄の補助が必要で、家族全員での大変なケアだったそうですが、あるとき飼い主さんが食べているものに興味を示した瞬間、ファンタちゃんは立ち上がりました!!

「自分の赤ちゃんが初めて立った時のように嬉しかった。」 と飼主さん。そのうち尾を振ってくれるようになって、家族皆で喜んだそうです。 そこからは当初の症状から驚くくらいの素晴らしい回復ぶりで、今ではほとんど生活には不自由することはありません。

「今回、この子の自宅でのケアを家族全員でやったんです。そしたら、中2の息子の反抗期のケアも同時にできちゃったみたいで。口も利かなかったくらいだったのに、すっかり治りました。」

家族と家族の絆をしっかり繋いでくれたファンタちゃん、 家族にとってかけがえのない存在だからこそ、皆頑張れたんですね。

犬の椎間板ヘルニア治療

アニマルメディカルセンター


フェイスブックページ