椎間板ヘルニア 犬・ミニチュアダックス

トップ治療例一覧椎間板ヘルニア治療例

椎間板ヘルニア

ハッピーちゃん 犬 ミニチュアダックス ♂(去勢済) 7歳

「何よりも、すぐの治療が肝心!!すぐに対応できる病院を見つけておくことです。」 ハッピーちゃんの飼い主さんはお話し下さいました。

「早朝に散歩に行って、昼には肢が動かなくなりました。犬のヘルニアなんて、知りませんでした。ましてや早い治療が一番効果的なんて知識もなかったんです。
最初に調べた病院は手術が10日先になると言われて・・・。もっと早い対応が可能な動物手術センターを見つけて、手術に臨みました。その日は、ちょうど、家族の結婚式でした。」

ハッピーちゃんの脊髄手術は、飼い主さんのご家族の結婚式と重なりました。

とても不安でしたが、早く治してもらいたい、そうしなければというお気持ちでした。

「術後は1ヶ月半くらい、つきっきりでリハビリマッサージ。スタッフの方に教わった肢のリハビリに加えて、全身をマッサージしました。 それが良かったんでしょう、術後1週間でふらふらながらも歩きだしましたから! やる気がでましたよ。歩いた時は!」

飼った以上は責任が必要。マッサージはいまでもずっと続けているそうです。



















ページトップ

犬の椎間板ヘルニア治療

アニマルメディカルセンター


フェイスブックページ