椎間板ヘルニア 犬・ミニチュアダックス

トップ治療例一覧椎間板ヘルニア治療例

椎間板ヘルニア

ハリーちゃん   犬 ミニチュアダックス ♂去勢済  5歳

連休中、1週間くらい元気がなく、「昼寝がやけに多いな」と思っていました。そのうちに、トイレもしなくなり、食欲も落ちてきました。来客があった時は興奮したのか、元気になったのですが、帰った後はまた元気がなくなりました。後肢を少し引きずり、若干痙攣を起こし始め、その1日でみるみる状態が悪くなりました。

休みが続いていた為、電話帳で探してアニマルメディカルセンターを受診しました。すぐに詳しい検査を受け、椎間板ヘルニアという事が判明したため、すぐに「動物手術センター」で手術を受けることにしました。

退院後、一緒に寝ていると、鼻の先から「クーン」と鳴く感じはありましたが、3日くらいすると、徐々に食欲が増してきて、元気になってきました。

手術後1ヶ月半で歩く事ができるようになりました。こちらとしても逆に改善速度が速すぎて心配なくらいです。

椎間板ヘルニアという病気は、ミニチュアダックスに多いとは知っていましたが、「まさかうちの子が・・・!」という感じでした。

食事の管理がとても必要とのことで、栄養士さんから毎日連絡をもらい、食事の与え方や種類など、丁寧に色々と指導してもらいました。お陰さまで、以前は食べなかったドライフードを食べるようになりました。














ページトップ

犬の椎間板ヘルニア治療

アニマルメディカルセンター


フェイスブックページ