椎間板ヘルニア 犬・ミニチュアダックス

トップ治療例一覧椎間板ヘルニア治療例

椎間板ヘルニア

ジュンちゃん 犬 ミニチュアダックス ♂ 7歳

「年も押し迫ったある日の朝、変に鳴いてケージから出てきませんでした。 そして昼には立てなくなっていて、“きっとヘルニアだ!”ととっさに 思いました。」

ジュンちゃんの飼い主さんはお話し下さいました。

「近くの病院でステロイドの内科療法をしながら、手術するにしても年末なので年明けですねと言われました。 最初ふらつきながら歩いていましたが、やがてまた全く立てなくなってしまったんです。 これはもう待てない!と思い家族がインターネットで「アニマルメディカルセンター」を探してくれました。」

ジュンちゃんは当院に来院後、すぐその日のうちに脊髄検査でヘルニアの部位が特定され、 翌日には手術に臨みました。

闘病中はジュンは気が立っていました。牙をむくこともありました。

「術後なかなか肢の反応がでにくかったのですが、元旦に立ちあがって歩い たんです!! いったん歩き始めたら、それからみるみる歩けるようになっていきました。
時間やお金とは、ジュンは変えられない。 年を越すまで待っての手術だったら、もしかして駄目だったのかもとさえ思っています。」

今、手術を乗り越えて再び歩けるようになり、飼い主さんはとてもホッとしているそうです。




ページトップ

犬の椎間板ヘルニア治療

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ