椎間板ヘルニア 犬・ミニチュアダックス

トップ治療例一覧椎間板ヘルニア治療例

椎間板ヘルニア

准哉 (ジュンヤ)ちゃん 犬 ミニチュアダックス ♂去勢済     ・8歳

ある日突然の 事でした。

・突然、両後肢が立たなくなった。
・座り方がおかしくなった。(女の子座りをすることが多かった。)
・前日までの生活は普通だった。

・・・など このような症状が現れたので、すぐにかかりつけ病院へ行きました。すると「椎間板ヘルニア」の疑いがあるから、より詳しい検査のできる動物病院ということ で、アニマルメディカルセン ターの 「センター病院」を紹介してもらいました。

今まで健康で、入院などしたことが無く、とても心配をしました。

ミニチュアダックスには椎間板ヘルニアが多いことは知っていましたが、まさかウチの子が・・・!! すぐに「動物手術センター」て手術が開始 されました。

准哉はとても緊張する子なので、スタッフも色々と考えてくれて、術後当日わりと早くに退院となりました。

しばらくはクンクン鳴いてぼーっとしている事が多かったのですが、1週間位して元気が出始めました。排泄は自分ではできないので、トイレに連れて行った り、お腹を押して尿を出したりと、少し大変なことはありましが、家族皆で毎日毎日リハビリマッサージに励んでいると、何となく准哉の肢の感覚を感じるよう になり、「あ・・・今日は少し蹴るような感じがある・・・」など、自分の事のように嬉しくなりました。

1日1日の毎日の積み重ねもあり、約1か月位で立ち上がるようになり、3か月半経った現在では、生活には不自由がないくらい、自由に歩くことができるよう になりました。 これから、腰や後肢の筋力や筋肉をもっとつけるために、徐々にリハビリがてらの散歩を開始する予定です。

※余談ではありますが、ジュンヤの「准」と「哉」は好きなアイドルの名前を片方づつ取ってつけたものです。素敵でしょ!



ページトップ

犬の椎間板ヘルニア治療

アニマルメディカルセンター


フェイスブックページ