椎間板ヘルニア 犬・ミニチュアダックス

トップ治療例一覧椎間板ヘルニア治療例

頚椎椎間板ヘルニア

マーボーちゃん  犬 フレンチブルドック ♀避妊済  5歳

痛みの症状が1月から始まりました。突然「キャン!」と鳴いたのですが、何処が痛いのかわかりませんでした。

すぐにかかりつけ病院へ行くと、人間で言う「ムチウチ症?」のようなものと説明され、注射と内服薬の投与でコントロールしていましたが、次第に頻繁に痛が るようになってきました。

これでは、もう駄目だと思い、アニマルメディカルセンターを受診。すぐに詳しい検査をし、先生から頚椎手術の説明を受けました。

手術の内容を聞いて、「そんなに難しい手術とは・・・・」と不安が いっぱいでした。しかし、大変苦しがっているマーボーの痛みを一刻も早くとってあげたかったので、手術をお願いしました。

早朝に電話をもらい、「無事、手術が終了しました。」との知らせには、ホッとしました。

その日のうちに退院。 自宅では食事は口に入れて食べさせたりしましたが、そんなことは全然苦ではありませんでした。ただ、一体どこをどう触ってよいのやらとちょっとおっかな びっくりの1週間でしたが、今では、痛みやふらつきは全くありません。

手術を決断して本当に良かったです。











ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ