椎間板ヘルニア 犬・ミニチュアダックス

トップ治療例一覧椎間板ヘルニア治療例

椎間板ヘルニア

ミン クスちゃ ん  犬 ミニチュアダックス ♀ 7歳

いい判断をしてもらったと思っています。

今回、後ろ肢が立てないという症状がでて、病院にて椎間板ヘルニアという診断を受けてから、手術までの対応は早かったんです。始まりから手術終了まで2日でした。

以前にも腰砕けのようになって、かかりつけで治療したことがありました。

今回で2度目の症状が発現となり、体が小さい子なので以前は手術は考えていなかったのですが、先生方に肩を押されて手術に踏み切りました。歩けなくなることを自分に置き換えたらミンクスがかわいそうで、 迷っている暇はありませんでした。

術後はリハビリの指導を受けました。しかし、ミンクスは大変嫌がって苦労しましたが、触るだけでも少しづつ続けました。

努力の甲斐あって、今ではミンクスちゃんは、すっかりもとのように歩いているそうです。



















ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ