椎間板ヘルニア 犬・ミニチュアダックス

トップ治療例一覧椎間板ヘルニア治療例

椎間板ヘルニア

ももちゃん 犬 ビーグル ♀ 8歳

6年前に関西 から引っ越ししてきました。今までマンションだったのですが、1階と2階のあるメゾネットタイプの家となりました。そのため、階段やソファの上り降りがとても多くなりました。

症状が出始めたのは1年半位前からだったと思います。散歩から帰っていつものように体を拭いただけで、キャンと鳴き、後肢が引きずり気味となり、腰を痛がっているようでした。さらにふらつきもあり、 自分で階段の上り降りを控えるようになりました。

近所のかかりつけ病院にかかったところ、「椎間板ヘルニアでは?」と言われたことはありましたが、症状が出たり出な かったりと、小康状態を保っていたので痛み止めの注射を打ったりして様子を見ていました。

今回、症状がまた出たので、他の病院でも診てもらおうと、アニマルメディカルセンターの「セン ター病院」を受診することにしました。

すぐに詳細な検査が行われ、その結果、2か所に椎間板ヘルニアがある事 がわかりました。手術はなるべく避けたかったのですが、2か所も問題個所があっては、手術で治してもらうしかないと思い、「動 物手術センター」でヘルニアの手術を受けました。

術後1週間位は、ナックリング(足の裏を返したまま引きずる状態)がみられたり、トイレの回数が少なかったりとちょっと心配をしましたが、それもだんだん回復に向かってきました。

今は、階段を登らないように気をつけたり、一緒にベッドで寝ていて、モモがトイレをせがむ時は、抱っこして1階へ連れて行くようにしています。

そろそろ、モモの為にも階段のない家に引っ越しをしなければと考えています。







ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ