椎間板ヘルニア 犬・ミニチュアダックス

トップ治療例一覧椎間板ヘルニア治療例

椎間板ヘルニア

ネオちゃん 犬 ミニチュアダックスフント ♂去勢済 8歳

食事を与えようとした時の事です。その日はいつもと様子が違いました。

普段ならとにかく吠えるはずなのですが、静かに後ろの方でじっとしていました。 食事はちゃんと食べたのですが、あまり動きたがりませんでした。

かかりつけ病院で診察を受けたところ、「椎間板ヘルニア」ではないかと言われ、歩かせてみたら走って逃げて行きました。たぶん痛くて触って欲しくなくて、 気が荒くなっていたのかもしれませんが、やはりその後肢の動きが変でしたし、普段とても活発な子がいつもより格別に大人しかったので、「これは絶対におかしい!」と思いました。

通常なら、とても押さえつけておかないと暴れてしまう犬なので、この大人しさは明らかに変でした。

とにかく食欲のあるうちに何とかしなければと思い、積極的にかかりつけ病院の先生に原因追求と治療をお願いしました。とても親切な対応で、「うちではヘル ニアの手術は不可能」との事でしたが、アニマルメディカルセンターを紹介してもらい、静岡からの地図や行き方まで細かく教えてくれました。

そして「センター病院」にかかり、そこで迅速に検査が行われ、すぐに「動物手術センター」にて手術となりました。

術後、翌日までは食欲はありませんでしたが、3日くらいで元に戻りました。排泄も特に問題ありませんでした。

その後、かかりつけ病院でカテーテルの抜去などを行なってもらい、検診はアニマルメディカルセンターで受けたりと、かかりつけ病院と連携して治療が行なわ れました。

現在では、サークルを飛び越えようとする位、以前の活発さが戻り、楽しい毎日を送っております。

地域病院と連携して治療できるという事は、動物にとっても飼主にとってもとても素晴らしい事だと思います。


ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ